Bontrager Pro Blendr Knock Block Computer Mountを取付てみた!

ステムの前側にサイクルコンピューター(以下サイコン)を取り付けている田子です。
こんにちは。

RAILのサイコンがトップチューブ上にあり、転んだ時でもサイコンの壊れる率は圧倒的に低くなりそう!と思っていました。
まずは必要なパーツからご紹介します。

Trek Knock Block 72-Degree Headset Upper Assembly with Display Chip
¥7,900-

Bontrager Pro Blendr Knock Block Computer Mount
¥5,600-

上記2つのアイテムが必要となります。

取り付けるとこんな感じ!
ハンドル周りがスッキリ&転んでもサイコンの破損率は大幅に下がる事でしょう!
何より…
マウントが折れて、おにぎりコロコロならぬ…
サイコンコロコロ崖下へ…
は泣けそうです…

今回、ガーミンEdge1000とブライトンS800を取り付けて見たら…
S800の方がマウント位置がオフセットされているので…

S800だとマウント角度によってはステムと干渉するので、やや斜めにするといいです。
Edgeシリーズなら比較的水平気味での取り付けは可能です。

S800とステムのクリアランスはこんな感じです。

使い勝手については…
やや目線の移動量が増えましたが、個人的には気になる事はありませんでした。
ダンシングで左右に大きく車体を振っても、トップチューブバックの様に膝に当たる事も無いのはよかったです!

最大3つまでサイコンの取り付けが可能になっています♪
3つ取り付けたら、ほとんどのロングライドでサイコンの電池問題も気にしなくて大丈夫でしょう!
最近のモデルだと1台30時間だから…
90時間は走り続けられる!
走らないけど…